“ははぎみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
母君80.0%
母公20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この天日矛あまのひぼこの八だいめのまごたる人が、のち神功皇后じんぐうこうごうのお母君ははぎみになったかたです。
赤い玉 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
女史には老たる両親ふたおやがおありでした。三人の女のお子と、その折に二歳ふたつになる男のお子とをお残しでした。今は、二人の女のお子は母君ははぎみのあとをしたって、次々に世をさられました。
大塚楠緒子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
いや、思案ばかりでなく、そのよい相談相手として、自分の主人尾張守頼盛の母公ははぎみにもあたれば、また清盛の義母にもあたるちょうどいい手づるの御方おんかたとして——いけ禅尼ぜんにへも内密にすがっている。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)