“しめし”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
25.0%
襁褓25.0%
啓示12.5%
指示12.5%
湿12.5%
顕示12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
って何処の人だか手掛イ見付けようと思って客人が預けて行った荷物を開けて見ると、梅醤曲物と、油紙に包んだ孩児の襁褓ばかりサ、そんで二人とも棄児をしに来たんだと分ったので
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
そうして神様のお啓示か、悪魔の戯弄かわからないままに、ドキンと、胸がくと一緒にハッとに帰るような事が、一日のうち何度となくあるようになりました。
瓶詰地獄 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
何、牛に乗らないだけの仙家指示である……もっと山高く、草深く分入ればだけれども、それにはこの陽気だ、蛇体という障碍があって、望むものの方に、苦行が足りない。
若菜のうち (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ペロンと舌を出して、下唇に湿をくれると
顎十郎捕物帳:07 紙凧 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
わが誇るは益なしと雖も止むを得ざるなり、に主の顕示と黙示とに及ばん。我はキリストにある一人の人を知る。
パウロの混乱 (新字新仮名) / 太宰治(著)