“随而”の読み方と例文
読み方割合
したがつて100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
実に正義之人国之元気に御座候間、一人にせられ候へば、自ら元気を候。自ら元気を戕候へ、性命も随而滅絶仕候。
津下四郎左衛門 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
冷気次第に相増し候へ共、御安全可成目出度奉存候。随而野生儀道中筋無異議江戸に着仕り、築地屋敷に罷在候。乍憚御休意被下度候。
被思召付尊札 忝次第に御座候 随而せがれ伊織儀 御成に立申趣大慶に奉存候 拙者儀老足可被成御推量候 貴公様 御はた様 御家中衆へも手先にて申置候 御父子共 本丸迄 早々被成御座(候)趣 驚目申候 拙者も石にあたり すねたちかね申故 御目見得にも被仕不仕猶重て 可得尊意候 恐惶謹言
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)