“ほゝ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
93.2%
2.7%
1.4%
此家1.4%
1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
言葉やさしく愛兒房々せる頭髮のやうなるをすりせて、餘念もなく物語る、これが夫人めには、唯一であらう。
け立つ尾花すゝきのそよぎにまかせた焼跡の冬のきびしさはしみ/″\こたへた。これでも戦災前は知名人の門標もちらほら目立つほどの静雅な邸宅続きのブルジョア小路だつたのである。
老残 (新字旧仮名) / 宮地嘉六(著)
八重「半治はん誠にほいよう、ほれじゃアまねえよ、此家ているに、ほがほんなをひてや親分まねえよ、小兼はんにになってれってえ、ほれじゃア可愛ほうだアへえ」
與吉つていつてぐにいというていた。お與吉をふう/\といてそれから自分んでやつた。お茶碗うしてえた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)