老残ろうざん
終戦と共に東京の空が急に平穏にかへつたときは誰もがホツとしたであらう。が、それから当分の間、あの遠くでならす朝夕のサイレンの声が空襲警報のやうに聞えて、いやだつた。鳴らすやつもさうした錯覚をねらつて、からかひ半分にやつてゐるやうにさへ思へた …
作品に特徴的な語句
ほゝ はふ きは さは めい 上手じやうず 執拗しつえう しうとめ かゝ 抽籤ちうせん さゝ くゞ ぎぬ たづ かゝと うた だか 下職したしよく たゝず わづ 性懲しやうこ 怨霊をんりやう しよ 憎悪ぞうを ゆら 昵懇ぢつこん 油然いうぜん こまか 脳裡なうり たきゞ たづ 造作ざうさ つひ 金儲かねまう 上衣うはぎ なみ 乙女をとめ まう 勿体もつたい 占師うらなひし すなは たゝ たゞ 喇叭らつぱ うはさ 夕映ゆふばえ 夕闇ゆふやみ 夕陽ゆふひ 妬情とじやう 崕上がけうへ くづ 性分しやうぶん 恰好かつかう 最寄もより 此所こゝ 瀟洒せうしや 狡智かうち 独酌どくしやく すゞり 空洞くうどう いさゝ 苗字めうじ 蒲団ぶとん 蜿蜒ゑんえん 蝋燭らふそく 親父おやぢ 赤錆あかさ 蹂躙じうりん 迂濶うくわつ すみや 長髯ちやうぜん 雑炊ざふすゐ 頓狂とんきやう 一棟ひとむね 万燈まんどう 乞食こじき てい 俯向うつむ いた 凄然せいぜん わか 割箸わりばし かな むせ 喉首のどくび 国許くにもと 垂水たるみ あか