“檐下”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
のきした100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“檐下”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸3.2%
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語1.6%
芸術・美術 > スポーツ・体育 > 戸外レクリエーション1.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
不図気がつくと、納屋の檐下のきしたには、小麦も大麦も刈入れたたばのまゝまだきもせずに入れてある。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
セルギウスは女が檐下のきした雨落あまおちに足を踏み込んだと云ふ事を知つた。手に握つてゐる戸の鉤を撥ね上げようとする手先が震えた。