“だいぶ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ダイブ
語句割合
大分93.3%
大部3.0%
大夫1.2%
太夫1.2%
大方0.6%
大武0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ナニ板の古いのがありましたからチヨイと足を打附けて置いたので。「成程早桶大分いのがあつたね。金「ナニ沢庵樽で。 ...
黄金餅 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
此時市街地大部沈下してとなつたといふこともしてあるから、前記現象つた場所しい地盤たりしに相違なかるべく、埋立地であつたかもれない。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
この城廓の大膳大夫であり、大炊頭を以て自ら任じているらしいのです。
大菩薩峠:25 みちりやの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
もうその時は、はじめの縁に、遠州で仲人になった旗本——藤木朝散太夫の子か孫かが婿で、その若い二人組だった。お客がくると、湯川氏の奥方がお辞儀をしているうちに
にはクック桑港支社長ストークスやら、朝日新聞社桑港特派員清瀬規矩雄君などが便乗してたので、陸上模様明日見物次第などをつて、大方やかになつてた。
検疫と荷物検査 (新字旧仮名) / 杉村楚人冠(著)
前にいった通り、この日は陰鬱な天気の日で、大武の岬も、洲崎も、鏡ヶ浦も、対岸の三浦半島も、雲にされて雨を産みそうな空模様でした。
大菩薩峠:24 流転の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)