“たいぶ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
大部85.7%
大夫14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日本の学会に、その真価がど認められていないのは、遺憾である。が、原本はなかなか大部のものであるから、には単に要所を紹介するに止める。
ましてその閲歴は波瀾万丈、我国新女優の先駆者であり、泰西の劇団にもその名を輝かして来た、マダム貞奴を、細かに書いたらばどれほど大部の人間生活の縮図が見られるであろう。
マダム貞奴 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
松明んだ火串は円形にその草野を包んで立てられた。集った宮人たちには、鹿の肉片と、松葉で造った麁酒の酒がられ、大夫使部には、和稲から作った諸白酒が与えられた。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)