“波瀾万丈”の読み方と例文
読み方割合
はらんばんじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
波瀾万丈——と自分で言っちゃおかしいが、そうした俺の過去が俺に残して行ったものはただこの隠語だけだったのだ。——
いやな感じ (新字新仮名) / 高見順(著)
の札をめくったも同然で、たちまちそこに何人かの血を見、波瀾万丈、恐しい渦を巻きおこさずにはおかない。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
ましてその閲歴は波瀾万丈、我国新女優の先駆者であり、泰西の劇団にもその名を輝かして来た、マダム貞奴を、細かに書いたらばどれほど大部の人間生活の縮図が見られるであろう。
マダム貞奴 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)