“一波瀾”の読み方と例文
読み方割合
ひとはらん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「修理どの(勝家)には、御二男の信雄様を措いても、信孝様を、次のお世嗣に立てんの下心と思わるる。はて、一波瀾はまぬがれまいぞ」
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
津田は心の中で、この叔父と妹と対坐した時の様子を想像した。ことによるとそこでまた一波瀾起したのではあるまいかというさえ出た。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
一波瀾を生じた刑事事件はこれで一先落着を告げた。迷亭はそれから相変らず駄弁をして日暮れ方、あまり遅くなると伯父にられると云って帰って行った。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)