“だゆう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
太夫40.0%
大夫26.7%
大輔26.7%
惰遊6.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ところへ仙夢さんがこの家の主人世古太夫さんを案内して来て、少時の間沼津物語に花が咲いた。
ぐうたら道中記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
こら昔何とか大夫ちう浄瑠璃のお師匠はんがひらいた店でな、一杯山盛にするより、ちょっとずつ二杯にする方が沢山はいってるように見えるやろ
夫婦善哉 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
例の伯父の右大将、式部大輔、左中弁などだけを招いて、家庭教師の大内記に命じて史記の中の解釈のむずかしいところの、寮試の問題に出されそうな所々を若君に読ますのであったが
源氏物語:21 乙女 (新字新仮名) / 紫式部(著)
……汚らわしい惰遊だ。
なよたけ (新字新仮名) / 加藤道夫(著)