“和稲”の読み方と例文
読み方割合
にぎしね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その傍の素焼の大きな酒瓮の中では、和稲製の諸白酒が高い香を松明の光の中にわせていた。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
松明んだ火串は円形にその草野を包んで立てられた。集った宮人たちには、鹿の肉片と、松葉で造った麁酒の酒がられ、大夫使部には、和稲から作った諸白酒が与えられた。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)