“石彫”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いしほり50.0%
いしぼり50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ところで、はい、あのさ、石彫え糸枠の上へ、がっしりと、立派なお堂を据えて戸をあけたてしますだね、その中へこの……」
縷紅新草 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)