“仕宦”の読み方と例文
読み方割合
しかん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
周禎が矢島氏を冒した時、長男周碩は生得不調法にして仕宦に適せぬと称して廃嫡を請い、小田原に往って町医となった。そこで弘化二年生の次男周策が嗣子に定まった。当時十七歳である。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
文久三年に柏軒が歿してからは家に帰っていて、今仕宦したのである。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)