“鷙悍”の読み方と例文
読み方割合
しかん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
熱烈鷙悍の感情意氣を有したものの存することは爭はれぬ事實で、彼の『天子はを造る、命を言ふ可からず』
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
次に「見崩れ」というのは敵と対陣はしても、敵の潮の如く雲の如き大軍、又は勇猛鷙悍の威勢を望み見て、こいつはわないとヒョコスカして逃腰になり、度を失い騒ぎかえるのである。
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)