“ぎょう”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ギョウ
語句割合
66.7%
14.1%
御宇8.9%
5.9%
0.7%
0.7%
0.7%
0.7%
0.7%
0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鐙小屋の神主さんは、また室堂へ上ってをしておいでなさるのだから、誰もそのほかに、あの沼の傍へ立入る者は無いはずです。
大菩薩峠:24 流転の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
不沙汰見舞に来ていたろう。このは、よそへ嫁附いて今は産んだにかかっているはず。忰というのも、煙管、同じ事をとする。
国貞えがく (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
が、古い処と言えば、第九回の文展に出した「花がたみ」は謡曲花筐に取材したもので、時代は継体天皇の御宇と記憶しますから、随分古い方ではある。
むかし御世に、娥皇女英という二人の御娘がありました。堯がに世をろうというとき、舜はこばんで受けません。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
駅逓馬車が午前中に無事にドーヴァーへ著くと、ロイアル・ジョージ旅館の給仕は、いつもきまってするように、馬車のけた。彼はそれを幾分儀式張って々しくやったのであった。
故に、も天下をに譲り、舜は天下をに譲っている。いま漢室の政命尽き、曹操の実力は天下の三分の二を占むるにいたり、民心も彼に帰せんとしておる。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
理合とは、車の両輪、鳥の両翼。その一方を欠けば、そのは断絶される。に表れるであり、理合は内に存する心である。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
桑生泝州の生れであって、名は子明い時に両親に死別れて紅花埠という所に下宿していた。
蓮香 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
百家の書に読まないでいものはない。十三といい、九経といい、六経という。べ方はどうでも好いが、秦火かれた楽経は除くとして、これだけは読破しなくてはならない。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
ぎ闘うひまも与えず閣中へ混み入って、折ふし今日も遊宴していた丁儀、丁廙を始め、弟君の植をも、ことごとく捕縛して車に乗せ、たちまち、の魏城へ帰ってきた。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)