“なりはい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
50.0%
生業50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「私もその通りでしたよ。こいつは何うも一杯飲み損つたわい。喧嘩を売つて、他人に酒を買はせることをなりはいにしてゐる村一番の無頼漢も、これぢや何うも商買あがつたり……」
歌へる日まで (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
渡りあるきの生業なりはい昨日きのうの疲れ
随筆 寄席風俗 (新字新仮名) / 正岡容(著)