“イブ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:いぶ
語句割合
50.0%
25.0%
25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さう思うて、姥たちも、覺えたゞけの事は、郎女樣のみる樣にして、歌ひもし、語りもして參りました。教へたなど仰つては、私めらが、を蒙らねばなりません。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
さう思うて、姥たちも、覚えたゞけの事は、郎女様のみる様にして、歌ひもし、語りもして参りました。教へたなどつては私めらが、を蒙らねばなりません。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
にも——キ人ノハ人ミナ惜シミ、好悪ニナキハ人ミナカル——とある通り、天の救いといえるものか。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)