“愛玩”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あいがん86.7%
ペット6.7%
あいかん3.3%
あいぐわん3.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
晩年あまり外出せぬようになってからは、楽しげに愛玩あいがんすると聞いて、知人が一つ二つ持って来て下さる事もありました。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
しかし廷臣一般の詠んだ種々の体は、院の御心からすれば、手にとって愛玩あいがんなさる様々な光沢の玉のごときものであった。
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)
汪克児オングル 傴僂せむしの道化役、成吉思汗ジンギスカン愛玩ペット 三十歳位
仮死したような大煙突が夜露の汗をかいて、その下で、船のお医者シップス・ダクタア——と言うのはつまり料理番クックだ——が、愛玩ペットのポケット猿に星を見物させていた。
我々の購買力が此の便利ではあるが贅沢品ぜいたくひんと認めなければならないものを愛玩あいかんするに適当な位進んで来たのか
余と万年筆 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
山百合やまゆりのマルタゴン、いろい眼をしたマルタゴン、東羅馬ひがしろおまの百合の花、澆季皇帝げうきくわうてい愛玩あいぐわん聖像せいざうかう
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)