恐ろしき錯誤おそろしきさくご
「勝ったぞ、勝ったぞ、勝ったぞ……」 北川氏の頭の中には、勝ったという意識だけが、風車の様に旋転していた。他のことは何も思わなかった。 彼は今、どこを歩いているのやら、どこへ行こうとしているのやら、まるで知らなかった。第一、歩いているという …
作品に特徴的な語句
みず 仮令よし かち 湿うるお 矢張やっぱ もと おお こら 手酌てしゃく 斯如かくのごとく 猶更なおさ 仮令たとえ 何故なにゆえ 俯伏うっぷ 其辺そのへん 凝然じっ かつ ずつ 投出ほうりだ しば よう もら 渦巻うずまき ため うたがい くら かんがえ うなず ごと 言及いいおよ ばか たまもの むご 鈍色にぶいろ たけなわ 鳶口とびくち 一埒いちらつ 一寸ちょっと 不図ふと なが 乳母うば しま たがい 些細ささい 令閨れいけい 仰有おっしゃ たたず しか 俄然がぜん 倦怠けんたい 傍目わきめ おか 創見そうけん 北川きたがわ 半鐘はんしょう かえ 反芻はんすう そむ 叫声さけびごえ 可成かなり 台詞せりふ 周章あわ 呶鳴どな むせ わめ ささや 太鼓たいこ それ 夫々それぞれ 女々めめ 妙子たえこ 嫉視しっし よろ うち 対手あいて 小町こまち 就中なかんずく 常談じょうだん かす 底翳そこひ 彷徨さまよ 彼奴あいつ 彼方かなた