眼鏡めがね
かず子さんが、見せてくれた紅い貝は、なんという美しい色をしていたでしょう。また、紫ばんだ青い貝も、海の色が、そのまま染まったような、めったに見たことのないものでありました。 「ねえやが、お嫁にいくので、お家へ帰ったのよ。そして、私に送ってく …
作品に特徴的な語句
いた 見合 青木 ぽう うえ 真実しんじつ 不快ふかい 見送おく ほう ぶん あた 最中さいちゅう どり 顔色かおいろ あたま おと あいだ 近眼きんがん はな くる わか はら ふん こな 立場たちば きゅう 突然とつぜん 歩調ほちょう しょう よこ あか 旅路たびじ ほう つか じょう 悪口わるくち きゅう かれ 弁解べんかい ねん 小使こづか たい いえ しつ よめ 失敬しっけい そと ごえ 友愛ゆうあい にん さき べつ なか あた はい ひか みみ なか あか 素直すなお むらさき ほそ 付近ふきん うつく 義雄よしお 今月こんげつ なら かんが いろ 行為こうい くさ 二人ふたり はな むね 肌脱はだぬ かた 腹立はらだ 自分じぶん はたら ひと
題名が同じ作品
眼鏡 (新字新仮名)織田作之助 (著)