“会社員”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かいしゃいん33.3%
くわいしやいん33.3%
くわいしやゐん33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこには、会社員らしいがいました。小僧さんがいました。また、郵便配達がいました。それらのたちは、いずれも自転車めて、わざわざりて、すずめをとるのをているのです。
すずめ (新字新仮名) / 小川未明(著)
法学士一人工学士二人地方病院長一人生命保険会社員一人日本鉄道駅長一人商館番頭築地諸機械)と横浜生糸)とで二人
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
いつになく元のいい、明るい顏付め先からつて※たM会社員の青木さんは、山ののあるかな裏通りにある我家の門口をはひると
(旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)