“工学士”の読み方と例文
旧字:工學士
読み方割合
こうがくし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
青流亭女将進藤富子も、工学士中内忠も、刈谷音吉毒殺犯人としての容疑は、かなり濃厚だとてよいのだろう。
金魚は死んでいた (新字新仮名) / 大下宇陀児(著)
法学士一人工学士二人地方病院長一人生命保険会社員一人日本鉄道駅長一人商館番頭築地諸機械)と横浜生糸)とで二人
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
二の容疑者は、金属メッキ工場技師重役であり、中内忠という工学士だつたが、この人物は、刈谷老人高利りていて、かなりしめられていたはずである。
金魚は死んでいた (新字新仮名) / 大下宇陀児(著)