“容疑者”の読み方と例文
読み方割合
ようぎしゃ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこから着目してある程度内偵めて、その容疑者を、べつべつに任意出頭警察し、井口警部直接訊問してみた。
金魚は死んでいた (新字新仮名) / 大下宇陀児(著)
部下の一人に耳打ちした赤羽主任は、次にも一人の部下に、容疑者として由蔵の逮捕に非常線を張ることを、本署に電話するように命じた。
電気風呂の怪死事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
やがて井口警部は、三の容疑者したが、それは皮肉なことに、あのんでいたランチュウを、刈谷老人つてきたという金魚屋である。
金魚は死んでいた (新字新仮名) / 大下宇陀児(著)