“内偵”の読み方と例文
読み方割合
ないてい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこから着目してある程度内偵めて、その容疑者を、べつべつに任意出頭警察し、井口警部直接訊問してみた。
金魚は死んでいた (新字新仮名) / 大下宇陀児(著)
けれども、その筋においても、一応内偵しての上、どうしたものか急に手を引いてしまったらしいようであります。
「権藤さんいやな人! 何か私たちの生活を内偵しにでも来たように、それは横柄な態度なのよ。」
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)