“珊々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さんさん66.7%
さらさら16.7%
さん/\16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
女神像の下より珊々の音を立てて流れ落つる三条の清水、これが即ち世に名高いエジェリヤの涙泉で、神像は言うまでもなく、エジェリヤの像である。
法窓夜話:02 法窓夜話 (新字新仮名) / 穂積陳重(著)
彼は外套衣兜より一袋のボンボンを取出して火燵の上に置けば、余力に袋の口はみて、紅白の玉は珊々乱出でぬ。こは宮の最も好める菓子なり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
瑠璃光がはっとして我にった時、もう老人の姿は見えなかったにも拘らず、彼の膝の上には、正しく水晶の数珠が暁の露のように、珊々と輝いて居た。
二人の稚児 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)