“竪襟”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たてえり100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“竪襟”を含む作品のジャンル比率
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語1.6%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ポーチへ、青い竪襟たてえりのついた灰色の上衣をた従僕が出て来て、チチコフを玄関へ招じ入れたが、既にそこには主人が出迎えていた。