“竪帷”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
タツバリ60.0%
たつばり40.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“竪帷”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
今日の日暮れまでには、立ち還りに、難波へ行つて來る、と齒のすいた口に叫びながら、郎女の竪帷タツバリに向けて、庭から匍伏した。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
今日の日暮れまでには、立ち還りに、難波へ行つて來る、と齒のすいた口に叫びながら、郎女の竪帷タツバリに向けて、庭から匍伏した。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
子古は、今日の日暮れまでには、難波まで行つて還つて来ると、威勢のよい語を、歯の隙いた口に叫びながら、郎女の竪帷たつばりの前に匍伏した。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
其をゆかにつきさして、即座の竪帷たつばり几帳きちょう—は調った。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)