途中とちう)” の例文
温泉かうとして、菊屋廣袖着換へるにけても、途中胴震ひのまらなかつたまで、なからずかされたのである。
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
砧村途中磨石斧ひ、それから小山で、破片つたが、此所までに五いたので、しくつてた。
は府にちかき四ツ辻といふ所に定め、 御をいだしけるに途中にとゞまりてうごかず、その所に葬り奉る、今の 神庿是なり。
郡奉行へ相談の上見知人の爲江戸表へ連行事と定めけれど老人なれば途中覺束なしと甚左衞門をも見知人に出府致す樣申渡し直に先觸
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
『あゝ、今迄音沙汰いのは、稻妻途中んでしまつたのでせう。』と、日出雄少年悄然として、武村兵曹めた。
「ええ、馬鹿つくせえ。とでもなるやうになれだ」と、途中で、あらうことかあるまいことかに、酒屋へそのではいりました。
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
さん、これは祖母さんがおせんべつにれてよこしたのです。途中退屈したにおあがりとつて、祖母さんがれてよこした金米糖です。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
あの死骸には、かに昨日つてります。昨日の、——さあ、午頃でございませう。場所關山から山科へ、らうと途中でございます。
藪の中 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
... 貴樣達つとる中根はあの行軍途中つてちた‥‥」と、軍曹はジロりと中根た。「クスつ‥‥」と、かが同時した。
一兵卒と銃 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
「おつうもかくなつたな、途中でなんぞ行逢つちやんねえな、そんだがりや有繋れこたれなかつたつけな」
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
帰る途中も不愉快でらなかつた。此間三千代につて以後、味はう事を知つた心の平和を、の態度で幾分か破壊されたと云ふ心持が路々募つた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
途中宿くで自動車乗棄てた。そしてI宿つた。I洋服姿りでゐた。
微笑の渦 (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
るになるはなし、途中鼻緒りたるばかりはし、美登利障子ながら硝子ごしにめて、あれれか鼻緒つたがある
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
茫漠たる原野のことなれば、如何に歩調をむるも容易に之をぎるをず、日亦暮れしを以てに側の森林中りて露泊す、此夜途中探集せし「まひ」汁を
利根水源探検紀行 (新字旧仮名) / 渡辺千吉郎(著)
いけれど、かうしてけば途中威張れて安全だといふので、下男つてした。るほどと『多田院御用』の木札は、人々皆々らせた。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
山の中は歩きつけてります、は力がありますから、途中追剥が五人や六人出ても大丈夫でございます、富山薬屋風呂敷を前で本当に結んではりませぬ、追剥にでもふと
塩原多助旅日記 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
るのがうまいとから、ちることもよくちた。本郷菊坂途中徐々ちたが生垣引掛つた、怪我なし。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
は府にちかき四ツ辻といふ所に定め、 御をいだしけるに途中にとゞまりてうごかず、その所に葬り奉る、今の 神庿是なり。
致し罷り在候處ぬる十二月中私し儀上野の大師へ參詣途中上野車坂下にて大橋文右衛門にり逢ひ夫れより同人宅へ參り樣子を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「それだからね、いものや壯健でないものは、みんな途中で、かわいさうにちてんでしまふのよ」
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
途中武村兵曹大得意で、ヤンヤ/\の喝釆眞中つて、口沫して、今回冐險譚をはじめた。
「どうせ此處らの始末もしねえでつたんだから、一遍途中つてなくつちやらねえのがだからだよ」勘次はおやうにしていつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
けれども、大体に於て、舞台にはもうてゐた。途中でも、双眼鏡で、彼方を見たり、此方を見たりしてゐた。双眼鏡のふ所には芸者が沢山ゐた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
それに蠻勇じてるので、一採集したは、いくら途中持重りがしても、それをてるといふぬ。れても、つてらねば承知せぬ。
い、に、この生徒遠路つてきますと、途中らないおさんにひました。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
今日貴樣達此處めたのはでもない。この途中つたつの出來事する所感してかせたいのだ。それは其處にゐる中根等卒のことだ。
一兵卒と銃 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
堪忍をし、つても先方大勢此方よわいばかり、大人でさへしかねたにはぬはれてる、れでも怪我のないは仕合此上途中ぶせがない
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
途中大なる蝮蛇の路傍に蜿蜒たるあり、之をへば忽ち叢中る、警察署の小使某り叢中にり、生擒して右手にる、衆其す、此に於て河岸に出でて火をき蝮の
利根水源探検紀行 (新字旧仮名) / 渡辺千吉郎(著)
與惣次は大いに喜び然ば御途中待受て直に願はゞ萬一傳吉が助かることもあらんかはお專が氣をも取直させんと其のことを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
……此處ます途中でも、しててばる……兩手けば、けたのが一層一片でも世間つてさうでせう。
艶書 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
運惡く、お途中んでしまつたなら、追付彼世で、おるやうになりませうよ。
うむ、そんなら貴樣がこないだ途中で、南京米をぬきつたのを巡査げるがいいかとふんです
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
そらなあ、めたつて途中だからなんてつちめえば、りた給金はみんなつくるえされんのよ、なあ、それからき/\もなくつちやなんねえのよ
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
さんのおのお永昌寺まで途中つてつたところにありました。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
其時は七つであつたれど樣子父母をもれてあるにお途中しましたと味噌こしさげてにはられず、てしばらくいてたれどうしたとふてれるもなく
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
でもありませんが、一寸御注意までにさうとつて、ね、貴女らつしやらうと病院途中ですがね。」
艶書 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
友達はずはくもらぬ美登利にさはりて、ければふてもいふたなく、途中ひたりとて挨拶などひもかけず、いつとなく二人大川一つたはりて
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
までずるはあるまい。交際のありがちな稼業途中だちにはれて、新宿あたりへぐれたのだ、とへばむのであるから。
夜釣 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
「はあ、……」と、くのにつたは、途中不意つたかとふ、しけれども五月ばの太陽に、しいした。
艶書 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
今度買物は、それにみて、途中からでは足許られるといふので、宿車つてした。
廓そだち (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
途中あつたとつて、吉井勇さんが一所えた。これは、四谷無事だつた。が、竹藪蚊帳つてけたのださうである——
露宿 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
書肆前借途中ででもあつてたがい、が、松葉されるくらゐにぐみもしかねまい。
飯坂ゆき (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
太鼓の、のびやかなあたりを、早足いでるのに、途中つてつて、石垣つゞきの高塀について、つかりさうにた。
城崎を憶ふ (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
天利にて、晝食料理屋にて小杉天外氏ふ。それより函嶺途中電鐵線路ることなどあり、午後四時半
熱海の春 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
それからもしのお雑巾次手にづツぷりおんなすつてさるとります、途中大変ひましたので打棄りたいほど気味うございますので
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
途中納戸町邊で、七八十尺切立ての白煉瓦に、ちるのやうな龜裂が、つて、三條ばかり頂邊からりかゝつてるのにはした。
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
元來——歸途をたよつて東海道大𢌞りをしようとしたのは、……途中決心出來たら、武生りてされないながら、そこから虎杖
雪霊続記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
名物く、——にも一度神田叔父と、天王寺を、相坂からて、今戸𢌞途中を、こゝでんだがある。が、う七八にもなつた。
松の葉 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「もし、がないと、平常なら、大丈夫ですが、吹降で、途中手間れますから。」
大阪まで (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
宿で、世事かもなかつたのでありますが、可懷り、途中武生立寄りました。
雪霊記事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)