“喝釆”の読み方と例文
読み方割合
かつさい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
途中武村兵曹大得意で、ヤンヤ/\の喝釆眞中つて、口沫して、今回冐險譚をはじめた。
いてか滿座拍手喝釆しました、それは王樣其日せられたみなるお言葉でした。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
百二十年以前たるの人ありとの文珠岩は即ち之れなり、拍手喝釆して探検者一行の大発見をちに丘下にりてぎ見れば、丘のさ百尺、天然の奇岩として其頂上に
利根水源探検紀行 (新字旧仮名) / 渡辺千吉郎(著)