“喝散”の読み方と例文
読み方割合
かっさん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
機械が空気を喝散する音、野性が自然に向って咆哮する声を聞くことは二人の心身を軽くした。プラトニックな愛。葛岡はこういう言葉も覚えて。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)