“喝棒”の読み方と例文
読み方割合
かつぼう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
峻厳である一方悟道の用心が慎重である。喝棒なんぞと、芝居めいた振舞にも出でない。そこにも好感が持たれる。殊にこの『正法眼蔵』は和文で物してある。
かれの喝棒を食って、今日の更生を得た大岡市十郎——いまの越前守は、その後も、文通の上で、正覚の道をたずね、身は市井の公吏と劇務の中にあっても、心は在家居士、鉄淵の弟子として
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
かつての日、疎石禅師の喝棒に打ちひしがれた時のように。
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)