“宿車”の読み方と例文
読み方割合
やどぐるま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今度買物は、それにみて、途中からでは足許られるといふので、宿車つてした。
廓そだち (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
まもなく車が来て田浦は帰り、続いて大森も美麗な宿車で威勢よく出て行った。
疲労 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
ものの一二町とはないに、のほかに宿車三四軒
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)