ぎん)” の例文
いたやうな……藤紫に、浅黄群青で、小菊撫子しくめた友染いて、を、はきら/\とつてた。
銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
そっちの方から、もずが、まるで音譜をばらばらにしてふりまいたようにんで来て、みんな一度に、のすすきのにとまりました。
めくらぶどうと虹 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
ちゃんには、っていれば、みんなになってえるのね。」と、おさんは、その姿見送りながらおっしゃいました。
小さな弟、良ちゃん (新字新仮名) / 小川未明(著)
何故ならば、氏の心理解剖何處までも心理解剖で、人間の心持を丁度解剖刀で切開いて行くやうに、緻密いて行かれます。
三作家に就ての感想 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
その小松は、何處からかけてるらしく、丁度モールでられたクリスマスツリーのやうに、枝々光榮にみちてぐるりにいてゐた。
日の光を浴びて (旧字旧仮名) / 水野仙子(著)
のさじを一本と、それに金貨も一枚あげよう、その金貨といったら、少年の父親の銀時計っくらいもある大きなものだと、言いました。
博士の家は町をみおろす、のうえに建っている。そこからは、丘のふもとの『ねこ』酒場や、バスの停留所が、ひと目でみることができた。
玉杓子ひにへられぬやうにしては、されてのやうにつてれやうとする。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
桔梗女郎花隙間なくいたに、眞丸して、其横いたへ、野路空月なる女郎花其一してある。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
ムスメはつひにいたまヽ、いつまでも/\記臆青白をなげ、灰色忘却のうへをりしきる。
桜さく島:見知らぬ世界 (新字旧仮名) / 竹久夢二(著)
晩春の午後の陽射しを受けて淋しく色に輝く白樺の幹や、らな白樺の陰影に斜めに荒い縞目をつけられて地味に映えて居る緑の芝生を眺めて居た。
決闘場 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
そいつは、ちょっと見たところでは、とでってあるみたいだが、ほんとうはイオウとチャン(コールタールなどを精製したときのこるかっのかす)
の蜘蛛の巣がおまへの耳に絲を張つた、おまへの胴中に這つてゐる甲蟲は涙の雨に打たれて血を吐いた。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
聞て幸ひの松葉の耳掻しと有る故直段も安く彼是する中に雨もしかば暇乞してりけり
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ふりつけてきた、細鞭をかわしながら、なお、忍剣片手につかんだ黒衣をはなさない。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
其れから少し離れて、隣家ツて捨てたの頭が六ツ七ツ、尚だ生々しくギラ/\光つてゐた。其に蠅がたかツて、何うかするとフイと飛んでは、またたかツてゐた。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
「おが作った大ももは」と呼び歩く楊梅売りのことは、前に書いたことがあるから略する。
物売りの声 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
三河屋で一分を両替へしたのは次郎である。横痃の跛足をつてゐたのは甚五郎である。
赤膏薬 (新字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
帶飾りなどはでも、めっきをしたものや、つたものがただけです。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
「さあ、それが愚痴と云うものじゃ。北条丸の沈んだのも、の皆倒れたのも、——」
報恩記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
にかないて彫刻物林檎めたるがし、という聖書の箴言を思い出し、こんな優しいお母さまを持っている自分の幸福を、つくづく神さまに感謝した。
斜陽 (新字新仮名) / 太宰治(著)
ま夜中のころ、宿屋のまどを、中からおしあけて、こうもりのように、ひらりととびおりた人かげを、のフライパンのようなお月さんは、高いところから見たのでありました。
名なし指物語 (新字新仮名) / 新美南吉(著)
何故調」ぢゃ? 何故音樂調」ぢゃ?……猫腸絃子どん、さ、とぢゃ?
ジエンナロは二人の小娘に、査列斯一つ(伊太利名「カルリイノ」約十五錢五厘)與ふべければ薔薇の花束得させよといひて、そを遠ざけ、あるじに迫りて接吻せんとしたり。
弟のちゃんは二十四、五だったが、家じゅうで一番几帳面なしかしけちな男だった。
「おひだから、にしてゐてくんな」とみました。かになつたやうでした。すると、こんどは手槍でちくりちくりとはず、肥太つたしはじめました。
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
それは五人とも別々で、石造皇子には天竺にある御石車持皇子には東海蓬莱山にある白玉をもつた一本阿倍右大臣には唐土にある火鼠皮衣
竹取物語 (旧字旧仮名) / 和田万吉(著)
黄金太刀をひらひらとひらめかす幻想の太陽のやうなあなたのこゑも
藍色の蟇 (新字旧仮名) / 大手拓次(著)
貴婦人はふとくちびるに小さな呼子ぶえを当てて、するどいを出した。
「君と奥田君と尾崎君だな、連中で所謂を銜えて生れて来たのは」
負けない男 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
のようなきれいなで、そうえてキョトンとしました。
ってると、みんなはちかまえていて、をとりまきました。そしてかりの下へまってをみました。さびのしたのようにくって、のような一面にはえていました。
羅生門 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
「その真鍮のメッキではとくにどんな薬品使いますか」
金魚は死んでいた (新字新仮名) / 大下宇陀児(著)
波つづきのさざなみはてしなくかがやく海を日もすがら見る
雲母集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
香炉を手に取揚げ、いたを口へ入れ、弥
にゆう (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
の台のに、光るように鉄を置け。8940
よりげて
孔雀船 (旧字旧仮名) / 伊良子清白(著)
のナイフは
歌時計:童謡集 (旧字旧仮名) / 水谷まさる(著)
赤い旗 (旧字旧仮名) / 槙本楠郎(著)
左手のには、がやさしい稲妻のようにえてせ、右手のには、いちめん貝殻でこさえたようなすすきのがゆれたのです。
銀河鉄道の夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
ちゃんは、おさんのっている、のシャープ=ペンシルがほしくてならなかったのです。けれど、いくらねだっても、おさんは
小さな弟、良ちゃん (新字新仮名) / 小川未明(著)
と立つ時、遠浅の青畳、真中とも思うのに、錦の帯の結目がと落ちて、夢のような秋草に、濡れたの、蒼い露が、雫のように散ったんです。
浮舟 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そして、いろのや、まぶしいほどピカピカ光る美しいもうせんを、ニールスの目の前にひろげてみせました。
彼等けるとつて獲物が一でもればそれを青竹んで威勢よくいでる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
都度御米眞丸けたと、絹地からんど區別出來ない穗芒めて、んなものを珍重するれないとえをした。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
「あるねえ。しかし、があらかたじゃないか。これでは、よい茶はいくらも上げられないが」
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と、左手人家燈灯がぼんやりつてゐた——Fかな‥‥とひながら見透すと、街道沿うてれてゐる小川水面がいぶしのやうにつてゐた。
一兵卒と銃 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
貳尺四寸無名物赤銅目貫純金瓢箪黒塗
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
いつもとかわらぬしずかな景色だったが、しばらく耳をすませていると、ちょうど、『ねこ』酒場のあたりで、がやがやとさわぐただならない人声が、風にのってきこえてきた。
ピータ ほい、眞平御免なれぢゃ。足下唄方であったものを。乃公ってはう。そも/\「音樂調」とっぱ、はて、とかく樂人は金貨にはうありつかぬからぢゃ。