“彫刻物”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ほりもの40.0%
ちょうこくぶつ20.0%
ちょうこくもの20.0%
ちようこくぶつ20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“彫刻物”を含む作品のジャンル比率
総記 > 団体 > 博物館100.0%
哲学 > 倫理学・道徳 > 人生訓・教訓6.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
もし、へい、五体ごたい満足まんぞく彫刻物ほりものであつたらば、真昼間まつぴるま、お前様めえさまわしとが
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
はたらく、彫刻物ほりものきて歩行あるく……ひとりですら/\と天守てんしゆあがつて、魔物まものねや推参すゐさんする、が
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
左甚五郎ひだりじんごろうは恐らく仕上ばかりに苦心したのでなく、細工さいくしているあいだも精神をめたればこそ、その霊魂たましい彫刻物ちょうこくぶつにも移ったのであろう。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
さくがよければ、美術品、彫刻物ちょうこくものとして御覧なさろうと言う世間。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
とにかくこの埴輪はにわといふものは、なか/\面白おもしろいもので、日本人につぽんじんつくつた一番いちばんふる彫刻物ちようこくぶつといふことが出來できむかしひと生活せいかつ風俗ふうぞくうへもつともよい材料ざいりようひとつであります。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)