“唄方”の読み方と例文
読み方割合
うたかた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ピータ ほい、眞平御免なれぢゃ。足下唄方であったものを。乃公ってはう。そも/\「音樂調」とっぱ、はて、とかく樂人は金貨にはうありつかぬからぢゃ。