よひ)” の例文
しに驚き旅宿屋の主人だけりもなき客のに出立せしはにも不審なりとて彼の座敷をめしにる事もれば座敷を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「もう何時」とひながら、枕元宗助見上げた。とはつてから退いて、洋燈らされたが、ことに蒼白つた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
一昨日に、のうらおもてに、ちら/\えたのを、海濱別莊花火くのだといひ、狐火だともいつた。
星あかり (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
一昨日は遠方から入る金があつて、に一寸開けましたが——え、え、それはもう前からわかつてゐたことで御座いますとも
には与太喧嘩があるし、それから私服がうるさく徘徊いてゝね、とう/\松屋で三げられたつてふはなしなんだよ。
吾妻橋 (新字旧仮名) / 永井荷風永井壮吉(著)
格之助も寺でとに振舞はれてからは、霊薬を服したやうに元気を恢復して、もう遅れるやうな事はない。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
ぬれば歌よむ友のもとに消息して、このほこりいはゞやとしつるを、事にまぎれてさて暮しつ。に入れば又々鳴きわたるよ。こたびはよりしきりぬ。
すゞろごと (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
吉田屋を出たのは過ぎる頃であつたが、途々それを考へると、泣きたいと思ふ程に悲しかつた。何故、言はなかつたらう。丑松は歩き乍ら、自分で自分に尋ねて見る。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
これらは大方今年六ツになるのわたしたちの玲子——千は、まだやつと一のお誕生がきたばかりで、りません——に、寐床のなかなどで
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
夕日西してつて、うてつた井戸端愉快ひながら一調子つたかしをしてぐ。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
嘉吉がの口に何処かへ出て行つてしまつて、帰りさうもないので家にゐるのが寂しかつた。
煤煙の匂ひ (新字旧仮名) / 宮地嘉六(著)
「常はて念はぬものをこの月の過ぎ隠れまく惜しきかも」(一〇六九)、「この月の此処にれば今とかも妹が出で立ち待ちつつあらむ」(一〇七八)があり、巻三に
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
蕪村のの門人に田原慶作といふ男がある。ある日日のに師匠を訪ねると、蕪村のでは戸を締め切つてゐる。の師匠だのに、今日に限つて早寝だなと慶作は思つた。
夕霧の晴るるけしきもまだ見ぬにいぶせさ添ふるの雨かな
源氏物語:06 末摘花 (新字新仮名) / 紫式部(著)
同じきに生れいで、友は長槍の術により
イーリアス:03 イーリアス (旧字旧仮名) / ホーマー(著)
「蚊一つにられぬや春の暮」
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
短かきすぎ去りしか
春鳥集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
みなさん、今夜は、春の
何ごとぞ、のほどより
第二邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
、また籠をいだいて
秋の日 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
春の夜やの其中に
俳人蕪村 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
よひは、忘我の影を
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
枕重ねて々に
小曲二十篇 (新字旧仮名) / 漢那浪笛(著)
たとへば本尊んでつて、田毎宿ばかり、へふつとる、土器色つにもつてたらしい。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
旦那がから清太郎さんに意見をしてをりましたが、清太郎さんが面倒臭がつて二階へ引つ込むとそれを追つかけて二階へ行つて、何か意見を
空は鏡のやうにいのでそれを木立はます/\黒く、星は明星た一つ見えるばかりでく余りにい空の光にき消され
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
享保丙申月十六日の事なりし此日はより大雪て殊の外にき日なりし修驗者感應院には或人より二升をひしに感應院はより酒を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
美吉屋で二月二十四日の晩に、いつものやうに主人が勝手に寝て、家族や奉公人を二階と台所とに寝させてゐると、の五つ過に表の門をくものがある。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
になつて、毎晩へるあるからつた安之助つてた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
とりわけてこれとふ……何處もみんなじですがね。……だが、あのへあそびにつて、のうつくしい明星樣にもてなされたのだけは、おらが一光榮
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
勤行も終る頃で、子坊主がかん/\鳴らすの音を聞き乍ら、丑松は蓮華寺の山門を入つた。上の渡しから是処迄来るうちに、もう悉皆雪だらけ。羽織の裾も、袖も真白。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
武蔵野小岫にしよりろにはなふよ 〔巻十四・三三七五〕 東歌
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
さまのみ六づかしけれど、れも御縁くてぎゆく、落葉な/\くて、いとゞく、時雨女子ども炬燵めて、浮世物がたりに小説のうわさ
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
それからからそろつとしてつとにやさうでもねえのがひやつとつたにや悚然とするでがしたよ、それからはあ枕元いでたんだが
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
き人を忍ぶる村雨れてや来つる山ほととぎす
源氏物語:42 まぼろし (新字新仮名) / 紫式部(著)
の明星——天上の中の最も美なるもの
イーリアス:03 イーリアス (旧字旧仮名) / ホーマー(著)
ああ、れしやみの
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
今日もまたやみならで
春鳥集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
ほんに今夜は春の
けて合歡の、面影けば、石燈籠やゝうして、野茨、カタ/\と音信るゝ鼻唄もをかし。
五月より (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
まだのうちの出來事で、内外の戸締りもなく、庭は打ち續くお天氣に踏み固められて、足跡一つ殘つてはをりません。
道子といふもなく吾妻橋のたもとがさゝうなのするまゝ、こゝを出場所にしたのであるが、最初から景気く、二人がつき
吾妻橋 (新字旧仮名) / 永井荷風永井壮吉(著)
さうして今朝刑事をしめた。刑事判定によると、から邸内んで、でも物置かなぞにれてゐたにない。這入口矢張勝手である。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
はじめののことでした。築地ルカ病院にK先生のおさんをみまひました。
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
偖小間物屋彦兵衞は翌日手土産馬喰町馬場のなる彼の女隱居昨日雨舍りの禮をひて商賣に出しが是より心安くなりの内など近處へ出入場の世話を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
秋雨しと/\るかとへばさつとしてびくるなるしきりすがりのをばたぬなれば、やののほどよりをたてゝ、まりしは美登利正太郎
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
鎮火したのは翌二十日の五つ半である。町数で言へば天満組四十二町、北組五十九町、南組十一町、家数竈数で言へば、三千三百八十九軒、一万二千五百七十八戸がつたのである。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
大空の月だに宿るわが宿に待つ過ぎて見えぬ君かな
源氏物語:51 宿り木 (新字新仮名) / 紫式部(著)
勤行が始つたのである。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
今日しも、卯月やみに
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)