“今宵限”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こよひかぎ66.7%
こよいかぎり33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今宵限はなくなつて一つがるのとひますれば良人のつらく辛棒出來さうな、よく御言葉合點きました
十三夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
下に置き小娘に向ひき家に唯一人立ちき給ふは昔しの餘波しく思ふなり殊に病人の有る樣子に見受しが其方の父なるか母はさずや其方名は何んと申す今宵限りの宿ながら聞まほしと云ひければ娘は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
今宵限だものと、即興にそそのかされて、他生の縁のを、今宵限りり合せて、あとは知らぬ世の、黒い波のざわつく中に、西東首をめて、あかの他人と化けてしまう。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)