“今宵深更”の読み方と例文
読み方割合
こよいしんこう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
平馬をはじめ結城藩の若侍一同、今宵深更、結城の城下はずれの森に会合致し、筑波神社祭礼神前仕合の策戦をなすよし、たしかなる筋より聞き及び候間御参考にまで密告仕侯。
平馬と鶯 (新字新仮名) / 林不忘(著)