“宵惑”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
よいまど66.7%
よいまどい33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
乳母のような役をする老女たちは部屋へはいって宵惑いの目を閉じているころである。若い二、三人の女房は有名な源氏の君の来訪に心をときめかせていた。
源氏物語:06 末摘花 (新字新仮名) / 紫式部(著)
「私は宵惑いなものですから、お話がもうできないのですよ」
源氏物語:20 朝顔 (新字新仮名) / 紫式部(著)
宵惑の私は例の通り宵の口から寝て了って、いつ両親に就いた事やら、一向知らなかったが、ふと目を覚すと、有明が枕元を朦朧と照して、四辺微暗寂然としている中で
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)