屹度きつと)” の例文
独逸屹度最後の独逸人となるまで戦ふだらう、露西亜人もまた最後の露西亜人となるまで戦ふだらうが、唯英吉利人は——さうさ
屹度、及第の通知が間違つてゐたのではないかと、へるやうにして父兄席を見ると、木綿の紋付袴の父は人の肩越しに爪立
途上 (新字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
ちやんだつて屹度何とかしてくれるに違ひない。」と私はに久しぶりで佐賀へ青服を着て帰つて来た友達をも頼みにしてゐた。
ある職工の手記 (新字旧仮名) / 宮地嘉六(著)
女等少時休憩時間にもふにはをとつて地上く。つにはれるのをうて屹度にしてせるのである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
否、宗教ばかりではない、何につけても、それにはまり込んで了へば、屹度芸術はそこから逃げ出して行つて了ふやうなところがある。
黒猫 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
それから』としてあるから澤山めば、それが屹度かれかれになるものだとふことをしてれませんでした。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
秋野が預るとすると、男だから、つは土地者だけに種々な関係があつて、屹度何かの反響が起る。孝子はそれも考へたのだ。そして
足跡 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
やつぱり、此方が思ひ出せないのだ。そのには、また屹度あの人達と顔を合せる機会があるに違ひない。屹度機会が来るに違ひない。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
さんのおにも出入のお百姓がありまして、おをつくとか、おをつくるとかいふには、屹度手傳ひにれました。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
しい、ではよく眩惑されます、貴下屹度流星ぶのでもたのでせう。』とビールのやうな突出して
嫁入支度忙殺されるのみならず、屹度貧殺されるだらうとかになると、子供のない宗助には夫程同情なかつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
造るのよむろん! そしてそれが貴方の胸の中の恋人に似れば似る程それは屹度まるや様のやうに神々しく美しくなるのだわ。
石の下には、屹度が居るよ、さ、おツさんがかうして、石を引起して居るから坊やは自分で蟹をんでお捕り……」
熊と猪 (新字旧仮名) / 沖野岩三郎(著)
御訪ねをすると屹度大人のお煩ひになることを恐れますが、でも小生の止むに止まれぬ願を更めてお胸にお止め下さいまし
生前身後の事 (新字新仮名) / 中里介山(著)
屹度もなくおりでせう。』と、ニキタはふてアンドレイ、エヒミチの脱捨一纏めにして、小腋へたてゝく。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
毎日うして二人で働いてゐたが、時々飛入りに手伝に来る職人があつた。此奴が手伝に来ると、屹度娘を叱り飛ばす、してミハイロに調戯ふ。
椋のミハイロ (新字旧仮名) / ボレスワフ・プルス(著)
彼女はく才の勝つた女で、屹度一生のうちに郷里の人の驚くやうな女になつてやらねば、とは束の間も彼女の胸に斷えたことのない祈願であつた。
姉妹 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
「緑ちやん今夜はれだね。屹度これから好いよ。それに女の人が一枚入ると、がらりと変つて来るよ。ちやん助勢して、取りかへしなさいよ。」
のらもの (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
差出すに於ては返金は申に及ばず御褒美として知行百石づつ下し置れる樣拙者どもが屹度取り計ひすべし若し御家來に御取立をまずば永代倉元役
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
是非吾助拜見たければ、此頃姉樣におひなされ、おてをきてはれ、らず、屹度返事通路此處にをしへ、一日二日
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
屹度改心さして見せるから、まアそんなに心配しないがいゝよ。なに世の中は案じるよりむが安いさ。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
ところが、ふとした拍子で此樣な死態をするやうになツた……そりや偶然さ。いや、屹度偶然だツたらう。
解剖室 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
僅に殘つた親友の大川をはじめ二三の人々は、亨一の將來を氣づかひ、あの儘にしておけば彼は屹度終りを全くすることが出來なくなると云つて、其前途を危んだ。
計画 (旧字旧仮名) / 平出修(著)
今般、当村内にて、切支丹宗門の宗徒共、邪法を行ひ、人目はし候儀に付き、私見聞致し候次第を、逐一公儀へ申上ぐ可き、御沙汰相成り候段屹度承知り候。
尾形了斎覚え書 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
屹度持參、とふ……發會第一番の——おめでたうござる——幹事さんが……剩錢める藁人形せた智謀計數によつたのださうである。
九九九会小記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
貴方は今に綿丈けになつた布団は掛けなければならなくなるでせう屹度。それでも悲しまないでね。
獄中の女より男に (新字旧仮名) / 原田皐月(著)
けふははれたのがよくよく、くやしかつたとみえまして、めると、しくしくきながら、またつたんです。屹度酒屋へです。みます。
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
博士は「日本人は約束を守る誠実な国民だ。も一度来ると云へば屹度通りに来る。加之に二人の詩人をれて来た。に日本婦人がツウルへ来た事はが始めであらう」
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
「お、お前、吃驚してのう、さあ屹度京の誰かが死んだのに違ひないちて見たら、お前!」
厄年 (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)
かに小説になる。無信仰の現代に産れて、信仰にれる主人公は面白い、屹度書ける。辰馬が喜びさうな小説が出来よう。尤もこの事に付いては、是迄深く考へもしなかつた。
茗荷畠 (新字旧仮名) / 真山青果(著)
屹度従来の誤解を慚愧なさるに相違ありませんよ——僕はう云ふ好人物をけねばならぬかと思ふと、如何にも自分ながら情なくなつて、そ自分の探偵と云ふことを白状して
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
お母さんは若い時には容色のいゝ方でしたつてね。お醫者さんのお婆さんがよくさう云つてたつて、お米さんが何時か私に話してゐましたよ。私も屹度さうだつたらうと思ひますよ。
母と子 (旧字旧仮名) / 正宗白鳥(著)
本当に困るぢやアないかね、義理あるだから小言へないが、たつた一人のさんを置去りにしてつてるなんて……なに屹度早晩にぶらりとつてるのがだらうが
心眼 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
あの山岳には屹度しいものがんでゐるに相違ないとへた。
妖怪研究 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
上山から魚を買つて夜道すると屹度道が分からなくなるといふこともいはれた。夜更けてから、ほうい、ほうい、といふこゑがその山道あたりから聞こえるのはさうなことではなかつた。
念珠集 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
磔刑柱の上にて屹度げ、小さき唇をキリ/\と噛み、美しく血走りたるを輝やかしつゝ乱るゝ黒髪、と振り上げて左右を見まはすうち、魂切る如き声を立てゝ何やら叫びせば
白くれない (新字新仮名) / 夢野久作(著)
はかうしてさんにまれてゐると、氣持いサナトリウムにでもてゐるやうですよ、私達にも、病院やサナトリウムが設備されてゐたら、此間くなつたSさんなんか、屹度また
彼女こゝに眠る (旧字旧仮名) / 若杉鳥子(著)
板倉屋のお絹は、その頃御藏前中の人氣者で、下谷淺草中の若い男は、お絹を垣間見るのを、何よりの樂しみにし、板倉屋の前を通る若い男達は、一度は屹度いたとさへ言はれてをりました。
いや、いや、屹度開けぬ積りぢやな。好し、それなら此方にもする術があるぞよ。——(菊枝に。)やいの、女子よ。そなたは少時此処に待つておぢやれ。——何、此方にもする術があるぢやまで。
南蛮寺門前 (新字旧仮名) / 木下杢太郎(著)
愚なる私の心得違さへ無御座候はば、始終御側にも居り候事とて、さやうの思立御座候節に、屹度御諌め申候事もひ候ものを、返らぬ愚痴ながら私の浅はかより、みづからの一生を誤り候のみか
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
あれは屹度物言はぬ幾千年の魚だらう
太陽の子 (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)
一瞬のに、わたしは屹度
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
また子供はチビの圭一郎の因果が宿つて並外れて脊丈が低かつた。子供が學校で屹度一番のびりつこであることに疑ひの餘地はない。
崖の下 (旧字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
「そんぢや、わし蜀黍して見出あんすから、屹度んにつてんだから」といふにして小徑をうねりつゝつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
『もうないから、萬望して頂戴な』とちやんは謙遜して、『二れないわ。屹度そんな井戸あつてよ』
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
「この鐘楼の石段は屹度一つだけ土にでも埋もれてゐるんぢや無からうか。今一つ踏んで居るのに、うしても段拍子に合はない。」
「それはあるわよ……。屹度あるわよ。でなくつちや生きてゐられないもの……。私と同じね……。それで、明日貴方行くの?」
アンナ、パブロオナ (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
「だが、私は気になります。私は唐沢さんが自殺しやしないかと思つてゐるのです。何うもやりさうですよ。屹度やりますよ。」
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
弦月丸には、らしく澤山黄金眞珠とが搭載されてます、眞珠黄金とがしく海上集合屹度があります。
それから又、教育雑誌を成るべく沢山買つて置いて、あの男が来た時机の上に列べて見せると、屹度昇給さして呉れる。これは請合である。
葉書 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)