“幹事”の読み方と例文
読み方割合
かんじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あし幹事えない。やがて、二十分ばかりにして、幹事さんは、飛車かれたやうなをして
九九九会小記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「同志会の幹事強盗の親分である」
ああ玉杯に花うけて (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
屹度持參、とふ……發會第一番の——おめでたうござる——幹事さんが……剩錢める藁人形せた智謀計數によつたのださうである。
九九九会小記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)