“幹子”の読み方と例文
読み方割合
みきこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
幹子目蓋は、もう開けられないほど重くなって来ました。けれどお月様は、やっぱり窓からお母様や幹子の寝床をしました。
(新字新仮名) / 竹久夢二(著)
と、妹の幹子に援けられながら、雪の中へ歩いて来た。肩を丸くつつんでいるの厚さにも、雪の冷えを胎児に及ぼすまいとする心づかいが見えていた。
日本名婦伝:谷干城夫人 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
幹子は、この田舎の方から新しくこちらの学校へ入ってきた新入生でした。髪の形も着物も、東京の少女にべると、かなり田舎染みて見えました。
大きな蝙蝠傘 (新字新仮名) / 竹久夢二(著)