“斯:か” の例文
“斯:か”を含む作品の著者(上位)作品数
野村胡堂105
宮沢賢治26
三遊亭円朝24
木暮理太郎16
海野十三12
“斯:か”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸62.9%
芸術・美術 > スポーツ・体育 > 戸外レクリエーション25.0%
歴史 > 地理・地誌・紀行 > 日本23.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その主人しゆじんうへおもふことくまでふかく、かくも眞面目まじめもの
くて、若くして自分の寿命の短かいであろうことを覚悟させられた時、当然、一つの安易な将来のみちが思浮かべられた。
光と風と夢 (新字新仮名) / 中島敦(著)
蘭を採つたり、つくばねの実を採つたり、山毛欅茸を採つたり、路草くふことも多かりしかば、く五時間も長くかゝりたる也。
秋の筑波山 (新字新仮名) / 大町桂月(著)
くして彼は先棒さきぼうとなり、𤢖は後棒あとぼうとなって、幾本の重い材木を無事に麓まで担ぎおろしたのである。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
翫具おもちや一箇ひとつりやしないわ!それで、お稽古けいこばかり澤山たくさんさせられてさ!あァうしやう
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
私も部屋のことでう愚図愚図してゐてはならぬと思ひ、けふも数軒部屋を見、遠くて不便であるが一間借りるやうに決心した。
日本大地震 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
輕薄でうそつきで、男のくせにお洒落しやれで、圖々しくてよくが深くて、——う聽かされると取柄はありません。
それにしても後年尾瀬の名がく迄に喧伝されようとは、読んだ私は元より、書いた武田君も恐らく思っていなかったであろう。
尾瀬の昔と今 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
土人を良く知っている者なら、誰しもかる話を余りあてに出来ないと思うのだが、兎に角、私は此の申出に非常に感激した。
光と風と夢 (新字新仮名) / 中島敦(著)
から笑止をかしくつてやうねえな、えゝか、う、かうやんだよ、あゝ、本當ほんたうつええのがんだよ
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「あゝ、細かいとこまでよく気がつくよ。ところでぼくは早く何か喰べたいんだが、どうもうどこまでも廊下ぢや仕方ないね。」
注文の多い料理店 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
場所もあらうに巴里パリイ真中まんなかへ東洋の一等国を代表して様な非美術的装飾を見せびらかすのは国辱も甚だしい。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
く服をいじりて窓の処までしばらく外を見て、急に向き返り、部屋の内を、何か探すように、歩きまわる。
また正月が来た。振り返ると過去が丸で夢のやうに見える。何時の年齢としを取つたものか不思議な位である。
点頭録 (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
唯遠くにゐて、其土地の空気を呼吸しない所為せゐか、ういふ説明は自分から見て〔ど〕うも切実でないやうな気がする。
点頭録 (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
祖父おぢいさんはこの兄弟きやうだいあらそひをいてわらしました。さうしてう言ひました。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
気分が流れるということが何とわたくしをしてあたりの光景をくまで恍惚こうこつとしたものに感ぜしめることでしょう。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
写実はすべての天平仏の美の根源であって、その自然から汲み取ることの感謝とよろこびをくも正しく表現している時代は少い。
美の日本的源泉 (新字新仮名) / 高村光太郎(著)
余は普通ふつうの水、普通の湯をばかる器よりそそぎ、斯かる器より飮みしとはしんずる事あたはざるなり。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
くて約二十分ののちには、大きい枝を組み合わせ、長い蔓を巻き付けて、人をるるに足るほどの畚を作り上げた。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
その後とて引つゞき一つ所に働き居り候はばくまで不如意にも陥らざりしものを、……(中略)当今は渡米以来一等の貧乏に候。
新らしき祖先 (新字旧仮名) / 相馬泰三(著)
豐平川とよひらがはの鐵橋がよからう。」義雄は咄嗟とつさの間に答へたが、自分の足は既にその方へ向いてゐた。
泡鳴五部作:05 憑き物 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
お杉は顏も、樣子にも似ず、よく氣の廻る女でした。う話して居ると、次第にこの女のよさや賢さが解つて來る樣な氣がします。
寅吉その寸法をはかつて居ります。仁王樣の草鞋わらぢのやうな跡が、夕陽を受けてどうやらうやら讀めるのでした。
平次はツイう言つてしまひました。その金包を取上げて、取澄ました内儀の顏に叩き付けてやり度い衝動に驅られて居たのです。
ガラツ八の不滿は、平次も察しないではありませんが、うするより外にのない切羽せつぱ詰つた情勢だつたのです。
黒部の峡谷にくまで打開けた場処があろうとは何人なんぴとにも全く想像も及ばない所で、意外の感に打たれぬ者はあるまい。
黒部峡谷 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
くて婦人が無体にも予が寝しふすまをかゝげつゝ、と身を入るゝに絶叫して、護謨球ごむだまの如く飛上とびあが
妖怪年代記 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
『まあ、何といふ冷い手だらう。』う言つて、自分の手を引込まして、銀之助は不思議さうに丑松の顔を眺めたのである。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
う庄馬鹿が言つた。小児こどものやうに死を畏れるといふ様子は、其おろかしい目付にあらはれるのであつた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
代助に取つて不思議とも思はれるのは、平岡がう云ふ状態に陥つた時が、一番平岡と議論がしやすいと云ふ自覚であつた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
すこし行きますとまたがあつて、その前に硝子がらすつぼが一つありました。扉にはう書いてありました。
注文の多い料理店 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
近頃巴里パリイではう云ふ新しい画家の画室アトリエへ通ふ青年画家が月ごとえてさうだ。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
既に今日及び昨日の公衆にしてくの如くんば、明日の公衆の批判と雖も、亦推して知るべきものがありはしないだらうか。
後世 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
妻があれ程淫奔で、娼婦がくも貞淑だという事実は、卑屈なギラ・コシサンにもついに妻の暴虐に対する叛逆を思い立たせた。
南島譚:02 夫婦 (新字新仮名) / 中島敦(著)
うなると、熊は大てい、自分の穴の中へ引つ込んで、飲まず、食はず、長いこと眠つて、来年の春が来るのを待つてゐるものです。
熊捕り競争 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)
いいえ、違ひません、決して違ひません。』と主張して、衣服きものの事まで詳しく言つた。そしてう附加へた。
葉書 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
『あの人は一体ああいふ真似が好きなんですよ。それ、此間こなひだも感情教育がうだとかうだとか言つてゐたでせう?』
(新字旧仮名) / 石川啄木(著)
夫人ふじんきふ大聲おほごゑつたので、あいちやんは喫驚びツくりしてあがりました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
中々なか/\お店やなにかでういふものを使ふお店は無い事で、うもお菓子までへられて恐入おそれいります
世辞屋 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
う思つて小池は、ハツと夢からめたやうに、自分に引きつて低首うなだれつゝ弱い足を運んでゐるお光の姿を見た。
東光院 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
さてもこのみのくまでに上手じやうずなるか、たゞしは此人このひとひし果報くわはう
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
いま苦勞くらうこひしがるこゝろづべし、かたちよくうまれたる不幸ふしやはせ
十三夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
くてまたも絶頂を窮めずして下山するの止むなきに至ったことは、帰路に遭遇した困難と共に容易に忘れ難い恨であった。
北岳と朝日岳 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
うかなあ。俺は少し、底にう空色を帯びたやうな赤いつぼみがあつたと思つたのに。それを一つだけ欲しかつたのさ」
それがネ、う、込み入る敵の兵卒を投げたり倒したりあしらひながら、小手すねあてをつけて、よろひさつと投げかける。
いろ扱ひ (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
印度洋インドやうとて千尋せんじん水深ふかさばかりではない、立浪たつなみさわいでるのは
よる、蒲団へ這入つて、い案排にうと/\し掛けると、あゝ此所こゝだ、うしてねむるんだなと思つてはつとする。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
私はう言ひながらもう立ちあがりその水銀いろの重い月光と、黒い木立のかげの中を、ふくろふとわかれて帰りました。
林の底 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
当時対岸の英国には長詩が非常な勢ひを持つてゐたのですから、その時、敢然としてう云ひ得た彼の卓見と自信とは偉とすべきです。
ポーの片影 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
要吉でなくつても、誰をとらへて来ても、う云ふ境遇の下に置いたら、矢つ張り要吉の通りに働くだらうと思はれるからである。
『煤煙』の序 (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
マーキュ はて、愚圖ぐずついてゐるのは、晝間ひるま炬火たいまつけてゐるも同然どうぜんふのぢゃ。
うして貴孃あなたのおくちびるで、わたしつみこのくちびるからきよめられ、ぬぐはれました。
うすれば斯うなる者、かゝる場合には斯る現象を生ずとあらかじめ人事を推断して、而して史を評する者なり。
明治文学史 (新字旧仮名) / 山路愛山(著)
A ウン、あれはおれのぢやないけれど、ういふんだ。『きみ社頭しやとうまつくびくくり』さ。
ハガキ運動 (旧字旧仮名) / 堺利彦(著)
はじめのをさめだ、ういふお慈悲なさけぶか旦那様だんなさまがおありなさるから
ガラツ八は一言もありません。陽を受けてキラキラと光る美しい蜘蛛の巣は、うなると金網よりも嚴重に見えるのです。
江戸開府以來と言はれた御用聞、錢形平次は弱氣で引つ込み思案の癖に、妙にう言つた戰鬪的なところがあつたのです。
う屋敷中で見張つて居るところへ、新太郎の膳のおさいの中へ、石見銀山いはみぎんざんの鼠捕りを入れたものがありました。
八五郎は懷の四文錢六枚で足りなかつたらどうしよう——と言つた當り前過ぎることを考へ乍らう脈を引いて見ました。
銭形平次捕物控:124 唖娘 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)
「有難うございます。う氣が落着いて見ると、死ぬ氣になつた私が馬鹿だつたかも知れません、——實は親分さん——」
う證據が揃ふと、曲者は矢張り外から來た者で、お京が出かけた後、そつと忍び込んで主人を殺したのぢやないかな」
とがめられんつみわすれて此處こヽしのそでにすがりてさとしなげヽば
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
ことあるごとおもしてはあゝでつた、うでつたと一々いち/\かへりみられまするけれど
この子 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
とゝさんやかゝさんにうしてあげやうとおもこと出來できず、いはゞ自分じぶん皮一重かはひとゑ
十三夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
途中で一パイ引つ掛けて、いゝ機嫌になつたガラツ八は、その晩の冒險に對して、何かう、芝居染みた興味をさへ感じてゐたのです。
錢形平次が、う言ふのは、全くよく/\のことでした。それだけこのお絹といふ小娘は、好感の持てる娘だつたのです。
くして此息子も改心したので父親は喜んで帰る。それで謝金を請求すると、父親一心は貧窮なのを口実に立帰る。そこで
春水と三馬 (新字新仮名) / 桑木厳翼(著)
ういふふうところからラクダルの怠惰屋なまけや國内こくない一般いつぱん評判ひやうばんものとなり
怠惰屋の弟子入り (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
父がくまでに狼狽ろうばいしたところを見ると、余程の大事であろうと、少年心こどもごころに色々と考えて
運命論者 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
もとより彼を信ずればこそこの百年の生命をもまかしたるなれ、くまで事を分けられて、ほしもは偽りならん
母となる (新字旧仮名) / 福田英子(著)
く言えばいたずらに親を軽視するものとの誤解も候わんなれども、決して決してさる意味にて申上るにはこれなく候。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
くたまさかに取出とりいづるにもゆびさきこわきやうにて、はか/″\しうはひがたきを
雨の夜 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
と、彼は軽くき入つた、フラ/\となつた、しまつた! う思つた時には、もうそれが彼の咽喉のどまで押し寄せてゐた——。
哀しき父 (新字旧仮名) / 葛西善蔵(著)
あの失踪した患者というのは、じつくいうそれがしなのである。本名を名乗ってもいい。丸田丸四郎——これが私の本名である。
柿色の紙風船 (新字新仮名) / 海野十三(著)
ねむくもなし、喋舌しやべ對手あひてもなし、あくびもないし、さてうなると空々然くう/\ぜん
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
どうして、梅子さん、貴嬢あなたうまで奥様に似て居らつしやるでせう、さうして居らつしやる御容子ツたら
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
則ち説いて曰くと、これは疾翔大力さまが、爾迦夷るかゐ上人のご懇請によって、直ちに説法をなされたとうぢゃ。
二十六夜 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
はじめは仲間の石どもだけでしたがあんまりベゴ石が気がいゝのでだんだんみんな馬鹿にし出しました。をみなへしが、う云ひました。
気のいい火山弾 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
くやしかもらませばあをによし国内くぬちことごとせましものを 〔巻五・七九七〕 山上憶良
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
何人なにびとかゞかる惡例あくれいつくつたのがつひに一つの慣例くわんれいとなつたのであらう。
誤まれる姓名の逆列 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
もううなつてると、るべきかねらうと最初さいしよかんがへもなくなるし
ハガキ運動 (旧字旧仮名) / 堺利彦(著)
買ふ人必らずしも読むのではないし、また読んだところうして出来た翻訳は容易に解りつこいないからである。
翻訳製造株式会社 (新字旧仮名) / 戸川秋骨(著)
うなるとよくが出てまたあがつてつゝみはす背負せお道中差だうちゆうざしをさしてげ出しました。
小池が突然棄鉢すてばちのやうな調子でう言ふと、お光はべにいた如く、さつと顏をあかくした。
東光院 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
うなると八五郎の好奇心も相當のものでした。考込んでしまつた平次の前へ、手を出したり引込めたりして居ります。
平次は威勢の良いのを浴びせて、コロリと横になります。うすると軒に這はせた、貧弱な朝顏がよく見えるのでした。
うすれば一ぱうからへば爲替かはせ急激きふげきなる騰貴とうきふせぐことが出來でき
金解禁前後の経済事情 (旧字旧仮名) / 井上準之助(著)
さらば此樣このひやうことありとも人目ひとめつゝましからずはくまでものおもふまじ
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
あるいは御許の心変りしやとも考え、くては定めし夫に対しても礼義崩れ、我儘わがままなることもなきやと、日々心痛いたし居り候。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
彼等かれらうしてそのちひさなあなもとめてからうつつてあるく。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
私は一切いっさい万事何もも打明けて、一口にえば塾も住居すまい殻明からあきにして仕舞しま
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
父なる神の御声みこえ、天にます亡母はゝの幻あり/\と見えつ、聞えつ、何故などかる汚穢けがれむしろに座して
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
くして現代の一般女性たちは、内外特殊の研究家の創造発表するものを容易に採り上げて自由に利用するであろう。
く一助詞の解釈の差で一首の意味が全く違ってしまうので、訓詁くんこの学の大切なことはこれを見ても分かる。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
而してくこのしよ主人公しゆじんこうはたらかせしものは即ち無形の社會而已なること云を須たず。
「罪と罰」の殺人罪 (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)
源右衛門『夜更よふけといいかる荒家へ、お上人さま直々のお運び、源右衛門冥加みょうがの至りに存じます』
取返し物語 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
これ大抵たいていわかるにはわかつたが、さらにセンチユリー・ヂクシヨナリーをいてると、うある。
「八、うして居るうちに、隣の空家を搜してくれ、此野郎は先刻さつきから空家の方ばかり氣にして居る樣子だ」
越前屋の家中の者を指圖して、家の中から土藏まで、床下天井の差別なく搜し拔いた八五郎は、毎日歸つて來るとう平次に聽くのでした。