哀しき父かなしきちち
彼はまたいつとなくだん/\と場末へ追ひ込まれてゐた。 四月の末であつた。空にはもや/\と靄のやうな雲がつまつて、日光がチカ/\桜の青葉に降りそゝいで、雀の子がヂユク/\啼きくさつてゐた。どこかで朝から晩まで地形ならしのヤートコセが始まつてゐ …
作品に特徴的な語句
地形ぢぎやう やはらか たまた かゝ さゝ まだ 氷嚢ひようなう たづ にほ 執拗しつあう なほ 朋友ほういう 梧桐あをぎり みぎは 端銭はせん 脊髄せきずゐ しとね かみ 医者いしや かへ あふ かな たゞ あへ 大股おほまた ほと 慰藉ゐしや 憂鬱いううつ たふ くさ 玩具おもちや 瞑想めいさう 窓外まどそと 窓際まどぎは 胡弓こきゆう 蓴菜じゆんさい 訛音なまり しづ ひら すゞめ 頭髪かみのけ 鷹揚おうやう かわ 何処どこ そば 動悸どうき 参詣さんけい しか 吊台つりだい 咳音せきおと 咽喉のど 唐紙からかみ 如何いか へや 寝衣ねまき むし がけ 工面くめん 幾度いくたび おそ よろこ ふる 数疋すうひき 暁方あけがた 服装なり 木陰こかげ きり けやき 此頃このごろ 気紛きまぐ さび 溜息ためいき みぞ あふ 焼鏝やきごて くす けもの 田圃たんぼ なが
題名が同じ作品
哀しき父 (旧字旧仮名)葛西善蔵 (著)