つばさ)” の例文
やはり、そのからすは、がいたんでいるだけにれやすかったのであります。ややもすると、そのからすはれがちになりました。
翼の破れたからす (新字新仮名) / 小川未明(著)
漆黒も輝いて見事に見えるけれども、数十羽かたまって騒いでいると、ゴミのようにつまらなく見えるのと同様に、医専の生徒も
惜別 (新字新仮名) / 太宰治(著)
久しぶりでこのクロを、じぶんひとりで、ほしいままにのってかけるのだが、いまは、そのの力さえなんだかおそい心地がする。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
流れる血は生きているうちからすでに冷めたかったであろう。烏が一疋下りている。をすくめて黒いをとがらせて人を見る。
倫敦塔 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
(ひい。)と舞上りました。に、のさら/\とるゝのが、手足らして、くに宛然である。
人魚の祠 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
かれらの徒歩わたりをし、でもありそうな、沼地をよちよち走りまわる足のかかとにマーキュリーのでもはえないかぎりは。
また、その図面には、飛行機が数台をやすめているところがかいてあった。それはいずれもみなヘリコプター式の飛行機ばかりであった。
一坪館 (新字新仮名) / 海野十三(著)
また一方においては空想のに乗って、遠くインドをはじめ、グリーンランドやアフリカ、中国にまでも思いをせている。
絵のない絵本:02 解説 (新字新仮名) / 矢崎源九郎(著)
八蔵はその足で大森へまわって、かの茶屋へ二羽の鶏を売ったが、その時には皆おとなしくを収めて、前のように暴れ狂うことは無かった。
半七捕物帳:51 大森の鶏 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
そして彼等は、その立派げて、このからもっとへとってんでは、みんな不思議くのでした。
そうして、女の美しい声が耳にはいるごとに、彼はエンゼルのが自分のたましいを撫でて行くようにも感ずるのである。
あたかも私自身の思惟そのものであるかのごとく重々しく羽搏きながら、そしてそのを無気味に青く光らせながら……。
美しい村 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
自由の血は恋、恋のは自由なれば、われその一を欠く事を願わずと答う、乙女ほほえみつ、さればまず君に見するものありと遠く西の空を
(新字新仮名) / 国木田独歩(著)
第一は雨や雪の時にう蓑であって、いわばこれが正式である。用途の上から一番幅広く出来、しばしば前に合わせる所に左右のが附けてある。
蓑のこと (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
取り残された鶴見は、景彦に大きながあって、そのひと羽ばたきで退けられるような強い衝撃を受けたのである。
しかもそのまん中には、髪をまん中から分けた若い男が、口をいて、を垂らして、両手をのように動かしながら、怪しげな踊を踊っていた。
路上 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
それは八白鳥のように白いをそろえて、かにりて行くのでありました。伊香刀美はびっくりして
白い鳥 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
『富士』は、長さ百米の大きなから、青白いロケットの煙をはきながら、『荒鷲』隊のただ中へ突進した。ごオーッと一陣のつむじ風がまき起る。
昭和遊撃隊 (新字新仮名) / 平田晋策(著)
それは薄れゆく霧を突き破って真直ぐに立ち昇り、渦巻きながら円を開いて拡げたのようにだんだんと空を領している煙であった。彼女は立ち上った。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
大穴はでもはえていないかぎり、どんな幅とびの選手だってとびこせないほど広いのですし、いっぽうの秘密の通路のコンクリートのとびらのひらき方は
妖怪博士 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
力尽きたしし、の自由を失ったわし、またはめすを失ったはとのように、ロボものブランカにさきだたれて力をおとし、この世に望みを絶ったのであろう。
右にいふあみだぼうには水なく、谷川あれども山よりは数丈の下をながる、なければことあたはず。
よ、やれ、やれ、ローミオー! あゝ、とはおぢゃ。りたおは、りかゝるゆるよりもいであらう。
それから自分學校時代によく進撃したそばや梅月や、其他樣々懷想して、あらばんでもきたいまで日本しくなつた度々あつたが
私は行きたいと云つた。だが私もお前が云つたやうに、私には飛んで行くがないつて云つたんだよ。
サヤサヤという羽音といっしょに、一羽の小鳥が窓から飛び込んできて、書机のそばの止まり木にとまった。背中が葡萄色で、に黒と白の横縞のある美しい懸巣である。
キャラコさん:06 ぬすびと (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
鸚鵡のような一羽の秦吉了が飛んで来ての上にとまって、をひろげて二人をった。玉は下からその足を見た。一方の足には一本の爪がなかった。玉は不思議に思った。
阿英 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
鴻雁翔天あれども栩々なく、丈夫千里の才あって里閭に栄し、十銭時にあわず銅貨にいやしめらるなぞと、むずかしき愚痴の出所はこんな者とお気が付かれたり。
突貫紀行 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
遠くの人の集まっている処からも、あるいは木の葉から、あるいは鳥のから、または地をおおう草のかすかなざわめきの音からさえも、何かかすかな響きがあるものである。
空は濃青にみ澱んで、小鳥は陽の光を水飴のようにや背中にらしている朝があった。縁側から空気の中に手を差出してみたり、頬を突き出してみたりした復一は、やがて
金魚撩乱 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
徉徜つてると何處ともなくッとがしたので、はずちやんは後退りしました、ト一きなびついて、しくちやんをちました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
れば漢文欧文そのいづれかを知らざれば世にがたし。両方とも出来れば虎にあるが如し。国文はさして要なけれどもしこれを知らんとせばやはり漢文一通の知識必要なり。
小説作法 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
次第に興奮して飛沫がさっと岩頭にはねかかるかと思うと、それをおさえるごとく元のしずかさに返るのであった、一同は大鳥のにだきこまれた雛鳥のごとく鳴りをしずめた。
ああ玉杯に花うけて (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
地に突いている左右の手が肩までムキ出しに見えていて、脇の下からのような物が時々ひるがえって宙に泳ぐのは、両方の袖が半分ちぎれてブラブラになっているかららしい。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
鷓鴣は痙攣したように、もがく。をばたばたさせる。羽根を飛ばす。金輪際くたばりそうにもない。彼は、友達の一人ぐらい、もっと楽に、それこそ片手で締め殺せるだろうに。
にんじん (新字新仮名) / ジュール・ルナール(著)
燈火の周圍にむらがる蛾のやうに、ある花やかにしてふしぎなる情緒の幻像にあざむかれ、そが見えざる實在の本質に觸れようとして、むなしくかすてらの脆いをばたばたさせる。
青猫 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
故に蝶となれる吾は、今ある花となりて、願はくは君が為に君の花園に舞はん。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
ぎにつたかなくぶっぽうそう(佛法僧)はきつゝきので、てゐますが、きさはその半分もありません。羽毛藍緑色で、とが菫色びてゐます。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
或日、長閑に晴れ渡り、を返す風寒からず、秋蝉の小春の空に、瀧口そゞろに心浮かれ、常には行かぬ鳥羽わたり巡錫して、嵯峨とは都を隔てて南北深草に來にける。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
盡す樣子天晴の若者なり此者をひ受て我養子となし無刀流の劔法を傳授せばるが如く古今無双の名人と成べし我が流儀を後世に殘すは是に増たる事あらじ幸ひ兄は親の家督
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ああ、は己の体に触れたのに、己の不性なためにに詰まらぬ不愉快が出来たのだ。(物に驚きたるように。)もう暗くなった。己はまた詰まらなくくよくよと物案じをし出したな。
お互に兎に角、のある情緒を持っている人間なのでございますからね。
ただ、光の鈍い、長々とを引いた、に分れたような稲妻が、空にひらめいているだけで、それもひらめくというよりはむしろ死にかけている鳥ののように、ぴくぴくえているのだった。
はつ恋 (新字新仮名) / イワン・ツルゲーネフ(著)
これに加うるに手工細技天稟の妙を有する我が国女工を以てす、あたかもを添うが如し、以て精巧にこれを製出し、世界の市場に雄飛す、天下如何ぞこれに抗争するの敵あるを得んや。
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
賀茂真淵が、この歌を模倣して、「信濃なる菅の荒野を飛ぶもたわに吹くかな」とんだが、未だ万葉調になり得なかった。「吹く嵐かな」などという弱い結句は万葉には絶対に無い。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
左右のに一本ずつ、長い羽があって垂れているのが、この背負とすこし似ていたので、だれかがたわむれにこのような名をつけたものであるが、それも江戸になってから始まったものでなく
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
赤いステッキは克子の空想の中でをひろげ、その狭い世界から自由に歩きだすかのようである。どんな行きづまりも、どんな迫害も一度赤いステッキを振りまわせば解決がつくもののようであった。
赤いステッキ (新字新仮名) / 壺井栄(著)
篠懸の葉はたれし鳥に似て次々に黒く縺れて浚はれゆく。
詩集夏花 (新字旧仮名) / 伊東静雄(著)
大烏はすっかり悄気を力なく垂れ、何遍もお辞儀をして
双子の星 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
おもひでのよしばしやすらひて語れひとときその春のこと
九条武子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)