“右翼”の読み方と例文
読み方割合
うよく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かれはもう一度挙手の礼を送り、まわれ右をして、で隊の右翼に帰って行き、そこではじめて「休め」の号令をかけた。
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
「そこもとたちふたりは、若君の右翼左翼となり、おのおの二十名ずつの兵をして、おそばをはなれず、ご先途を見とどけられよ、早く早く」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
すぐあとから、加賀見忍剣木隠龍太郎のふたりが、右翼左翼の力をあわせて、おのおの二十人ほどひきつれ、えいや、えいや、洞門の前へおしよせてきた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)