“銀翼”の読み方と例文
読み方割合
ぎんよく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だんだん近くで見るほど、それは一層美しく、その銀翼が輪をかいて飛ぶさまはいよいよすばらしい気がしました。
九月二十日前後に、からりとかにほのかに晴上つた方角から方角へ、紅舷銀翼さなりつゝ、碧瑠璃をきら/\きら/\と幾千萬艘
番茶話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
汽車千葉まはりに譽田……をぎ、大網本納いたは、苗代田を、二羽銀翼つて、田毎三日月のやうにぶと、山際には、つら/\と立並んで、のやうに
木菟俗見 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)