白い鳥しろいとり
むかし近江国の余呉湖という湖水に近い寂しい村に、伊香刀美というりょうしが住んでおりました。 ある晴れた春の朝でした。伊香刀美はいつものようにりょうの支度をして、湖水の方へ下りて行こうとしました。その途中、山の上にさしかかりますと、今までから …
作品に特徴的な語句
かお おり はよ くだ にん からだ なん さき あま ねん つよ きゅう ふる ほう あか みずうみ あま ごと あいだ しず おと あたま 一人ひとり 一目ひとめ 世界せかい 両手りょうて 二人ふたり 人間にんげん いま 仲間なかま 何気なにげ 余念よねん もと わか まえ なげ 坂道さかみち こえ 夢中むちゅう 大事だいじ 大空おおぞら てん 天女てんにょ おく 始終しじゅう 姿すがた 子供こども たから さび 小鳥ことり 少女おとめ かえ 年前ねんまえ かたち かげ あと こころ わす おも いき かな われ たわむ 戸棚とだな ところ 拍子ひょうし さが 支度したく はや