遺憾ゐかん)” の例文
彼等の言ひ分は重々もであると思ふが、また我輩善蔵君としても、震災以来のナンについてはやはり遺憾に思つてゐるんだ。
椎の若葉 (新字旧仮名) / 葛西善蔵(著)
我々面白い、知識のある人間皆無なのは、遺憾なことぢやりませんか。我々つてなる不幸です。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
今日不図鉄道馬車の窓より浅草なる松田の絵看板瞥見致候。ドーダ五十でこんなに腹が張つた云々野性遺憾なく暴露せられたる事に
もゝはがき (新字旧仮名) / 斎藤緑雨(著)
もし「我々の日本画風」が、かう云ふものであるとすれば、それは遺憾ながら僕なぞには、余り結構なものとは思はれない。
西洋画のやうな日本画 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
かの橋柱は御領主御蔵となりしとぞ。椎谷同国なれども幾里をたれば其真物不見、今に遺憾とす。伝写を以てこゝにつ。
らば外國日本りることが出來るかとふと、遺憾ながら外國ではりることが出來ない。
金解禁前後の経済事情 (旧字旧仮名) / 井上準之助(著)
攝養法はれ、戰後てふ大任へる國民體力一層強固ならしめ、各自職責遺憾なく遂行せられんことを希望するなり。
命の鍛錬 (旧字旧仮名) / 関寛(著)
その祖父はて孫を此上なく寵愛して、そ祖父の孫に対する愛は、遺憾なく尽して居つたにもらず、その死の床にはつて居るものが一人も無いとは!
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
「閣下、其れを御信用下だされましては、遺憾千万に御座りまする、全く松島様の誤解で御座りますから——」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
景勝愉樂にして、内湯のないのを遺憾とす、とふ、贅澤なのもあるけれども、青天井、いや、青葉なる廊下きだとへば、つてにも、にも
城崎を憶ふ (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
「さうとはまつたく遺憾ですな、少しこの子と話し合つてみなければなりますまい。」で、彼は直立の姿勢だつたのを、少し屈めながら、リード夫人と差向ひの安樂椅子に腰かけた。
自分東京んでれた杉原が、課長として本省にゐないのを遺憾とした。東京つてから不思議とまだ病氣をしたがなかつた。つてまだ缺勤屆したがなかつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
そこで予は遺憾ながら、当局並びに同僚たる文武教官各位の愛顧にいて、とうとう大阪毎日新聞へ入社する事になつた。
入社の辞 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
かの橋柱は御領主御蔵となりしとぞ。椎谷同国なれども幾里をたれば其真物不見、今に遺憾とす。伝写を以てこゝにつ。
爲替相場騰貴にもらず糸價騰貴賣行良好なりしに米國證劵市場不安定糸價下落したるは我國生糸貿易非常遺憾とするである。
金解禁前後の経済事情 (旧字旧仮名) / 井上準之助(著)
に離別の旧妻に対して多少の眷恋ほすなからんやと、誠に然り、余が弁護士の職務をつてよりに八星霜、居常法律を学びしことに遺憾の念なきに非ざりしなり
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
折角此所ながら、此所ないのは遺憾だから、手紙次第一寸いからいといふ端書た。無事退屈宗助かすには、この十數言充分であつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
孫引のもの出来なかつたのを遺憾とする。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
唯、さう云ふ画が二三点売約済になつてゐたのは、誰よりも先づいた人自身が遺憾だつたのに違ひない。
俳画展覧会を観て (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
文墨雅人も多しときゝしが、旅中するに皈家しゆゑ剌を入れざりしは今に遺憾とす。
記録は、大体ここまでしか、悪魔の消息を語つてゐない。唯、明治以後、、渡来した彼の動静を知る事が出来ないのは、返へす返へすも、遺憾である。……
煙草と悪魔 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
文墨雅人も多しときゝしが、旅中するに皈家しゆゑ剌を入れざりしは今に遺憾とす。
姉弟の家を焼かれ、数人の知友を死せしめしが故に、み難き遺憾を感ずるのみ。我等は皆くべし、歎きたりとも絶望すべからず。絶望は死と暗黒とへの門なり。
帰家にありて風雅をうしなひ、古跡をもしくり、平々たる旅人となりて、きゝおよびたる文雅の人をも剌問ざりしは今に遺憾なり。嗟乎せしをいかんせん。
彼等が百代のよく砂ととを辨じ得るかどうか、私は遺憾ながら疑ひなきを得ないのである。
澄江堂雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
帰家にありて風雅をうしなひ、古跡をもしくり、平々たる旅人となりて、きゝおよびたる文雅の人をも剌問ざりしは今に遺憾なり。嗟乎せしをいかんせん。
時間と能力との関係によつてこの集に収めることの出来なかつたのは甚だ遺憾である
日本小説の支那訳 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
が、遺憾ながら伊香保へは、高等学校時代に友だちと二人で、赤城山妙義山へ登つたに、ちよいと一晩泊つた事があるだけなんだから、麗々しく書いて御眼にかける程の事は何もない。
忘れられぬ印象 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
僕の為に感激して、「君もシエリングの如く除名処分を受けしか」と! シエリングも僕の如く三十円の金を出しりしや否や、僕は寡聞にしてこれを知らざるを遺憾とするものなり。
その頃の赤門生活 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
が、一つの茶席もない、更に好い時に来なかつたのは、返す返すも遺憾に違ひない。——自分は依然として仏頂面をしながら、小林君と一しよに竹藪のに立つてゐる寂しい光悦寺の門を出た。
京都日記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
と云ふのは勿論両氏の作品に非難を加へようと云ふのではない。寛大な西洋人に迎へられたことを両氏の為に欣幸とし、偏狭な日本人にけられたことをクロオデル大使の為に遺憾とするのである。
続野人生計事 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
開化の日本の少女の美を遺憾なく具へてゐたのであつた。
舞踏会 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)